Rp 7 南側の日当たりの強い庭はハーブを植える

16700839709_762c975986_k 16700833839_4c1b25e1a2_k 16886976555_08de8aeaf3_k 16699569890_b5c6518d53_k 16266973843_60d1358a18_k

白い庭、という雰囲気のお庭です。

高低差のある、南向きの庭。ほとんどがアプローチと駐車場ですが、その限られたスペースの中でも視線の変化と季節の変化を感じてもらえる庭になりました。

白い階段はすべてコンクリート仕上げ。この距離で直階段は危ないし、おもしろくないので「く」の字型にまげて変化をつけました。手すりはステンレスのすっきりとしたもの。シンプルで無駄のないデザインができたと思います。

 

インターホンカバー ウッドフェンス コンクリート階段 ジュンベリーとウッドフェンス ジュンベリーとウッドフェンス オリーブと白砂利 コンクリート階段 コンクリート階段とステンレス手すり オリーブ

植栽は、オリーブとジュンベリーと常緑ヤマボウシです。アプローチ階段の両サイドにはハーブ類を植えこみました。

植えてから半年後にはレモングラスがすごいことになっていました。やっぱり生きのいいものは勢いがありますよね。レモングラスはお茶にしているようです。

ウッドのフェンスでお隣の集合住宅の目線もカットでき、柔らかい雰囲気もだせました。

庭に植えたもので生活が豊かになるなんてとても素敵なことだと思います。

みなさん、忙しくてなかなかお庭を構う時間がないと思いますが、少しでも自然に触れてほしいと思います。