Rp 94 レンガとウッドの出会い。

異質のものを使うときにはバランスと物と物がぶつかる場所のデザインにセンスが問われます。昔、僕の師匠は「素材同士の出会いが大切」と教えてくれました。
レンガとウッドの出会うところ。その出会いの関係が場所の雰囲気を決めているのでしょう。アアルトのセイナッツァロ役場はレンガの建築。これでもかとレンガが使われています。内部空間にもレンガがメインで使われていますが、天井や建具は木製。そのなかでも会議室に向かう階段と天井があまりに綺麗だったので、見とれてしまいました。この建物でこの場所に一番長く居たようなきがします。
レンガはレンガらしく重く、木は軽く。出会いの場所はとてもいいバランスでお互いにいい関係になっているとおもいました。
素材たちには、こんな美しい出会い方をさせてあげたいものです。

16746366511_8ceb73ec95_h 16559982608_2d9291d2af_h 16747536465_f44fe75589_h 16747538325_73468a0552_h 16561436539_719c91c6c5_h 16747537915_562bdbef75_h 16560146830_3580351509_h 16540276077_ac79a54296_h 16560152130_3793227603_h 16747532485_7c26767f6d_h