GARDEN 149

取水口。
水路を流れる山水を引き込んでいます。

 

 

 

 

「流れのある庭。」
三重県の山の中。心庭の事務所からは結構な距離です。でも、「庭に水を流したいんだけど、どう? 面白そうだろ?」とクライアントのKさんからそう言われた私は、ワクワクしてしまい遠くてもすぐにやる気になってしまいました。
現場を見に行って、Kさんとお話しして感じたのは自然は自然のままの姿がいいということでした。Kさんの自然に沿った生き方に感動しつつどうしたらこの場所に溶け込むような庭ができるのだろうか。
敷地の周りを山水が流れており、その水を敷地に引いて流れを作ろうというなんとも面白いことを考えていらっしゃいました。そこで私は流れと池を提案して、水の流れの速さにも変化をつけていこうということになりました。なるべくコンクリートなどの人工物は使いたく無いので、池や流れの底にも防水シートは使わず、昔からため池で使われている遮水用天然粘土を使って防水しました。これはなかなか難しかった。少しずつ漏れるところが出てくるので、その都度補修して万全なものに近づけていきます。二週間くらいかかって補修をくりかえすと漏れなくなりました。
池と流れをつくった後は、雑草が生えるのを待って完成です。なるべく自然の景色をつくりだしたいので大方自然に任せることにします。
数年後にどんな風になるのか楽しみです。