Rp 14 バラが絡むようにデッキをデザインする

南側

 

バラが絡むデッキのある庭をつくりました。この庭は3方向道路に面しています。そんなまわりの視線を遮りながら落ち着ける場所をつくることが課題でした。南側はいい光が差してきます。でも、道路まで1300㎜しかありません。そこに落ち着ける場所をデッキとフェンスでつくり、プライベート空間を柔らかく区切るためにバラのパーゴラをつくりました。フェンスにはつるアイスバーグが、上のアーチにはピエール・ド・ロンサールが絡む予定です。

ウッドデッキ

フェンスの高さは、絶妙な高さに設定して、圧迫感を感じずに適度なプライベート感を感じるようにしました。西側から降りられるようにしていますが、オリーブの樹が柔らかく空間を仕切っています。とても落ち着いた場所ができました。ついでに物干しもできるようにしています。北側には、サイクルポートをつくりました。そのフェンスにサインとランプ。シンボルツリーはヤマボウシ・ホワイトテトラです。二季咲の珍しいヤマボウシ。今年の成長が楽しみです。グラウンドカバーは、日向にはエリゲロン、ラベンダー、アガパンサスなど乾燥に強いもの。北側には、クリスマスローズ、アジュガ、アナベルなど。玉石でアクセントをつけながらかわいらしい雰囲気になったと思います。

 

 

門まわり 北面全景 物干しとデッキ 表札とランプ 南西からの眺め フェイジョアとバラ サイクルポートとヤマボウシ サイクルポート オリーブと立水栓 オリーブとグラウンドカバー ウッドデッキステップ