レンガのアーチは、こうしてできた!

レンガのアーチの作り方!

こんにちは! レンガのアーチって素敵だし、何より作ることが楽しい。ここでは、レンガアーチの作り方をレクチャーしよう。

1 計画を立てる

どんな場所にアーチを作りたいのか? どのくらいの高さにしたいのかを決めよう。特に高さは重要で、アーチの曲線が始まる位置を決めておかないと、どこまでレンガを柱状に積んだら良いかわからなくなる。この現場では、アーチの曲線は一番安定する真円を半分にしたものにした。上部にモッコウバラがあり、ギリギリの高さにしたかったので、アーチの半径寸法から逆算して積み高さを決定した。このアーチは少し低めで、アーチの頂点までで、1700くらいしかない。でも、アーチをくぐる感じで、いい雰囲気が出たと思う。

 

2 レンガの柱部分を積む

柱部分は基礎をコンクリートで作って、その中に鉄筋を通した上で積んでいこう。ここで使ったレンガは大きめのもので230x110x70くらいある。ずっしりとした重厚感はとても大事だ。

 

3 アーチの型枠をつくる

アーチは一体どうやって積むのか? が疑問を持っている方がいるかもしれない。それは、このような型枠をつくって、型枠に沿ってレンガを積んでいくのである。そして、固まったら型枠を取る。

 

4 型枠の上にレンガを積み、そして、型枠を取る!

型枠を取る瞬間はドキドキだ! 大丈夫だと思っていてもドキドキする。ちょっと心臓が小さいので。さあ、できあがりだ!

ぜひ、挑戦してもらいたい。