今日のイメージスケッチ

庭の設計は、イメージのスケッチからはじまる。頭の中でモヤモヤしているものを形にするためには紙にペンや鉛筆で描く必要がある。僕はCADを使わないので、かなりアナログな方法だがトレーシングペーパーにペンや鉛筆描き。正式な図面でも手描きで水彩で着彩することにしている。いままで、色鉛筆、マーカー、パステルなど試したが、自分には水彩絵の具がしっくりとくる。

今日は、その図面を描く前の段階のスケッチ。この段階でほぼ頭の中で完成していて平面図などを描く段階では寸法の確認程度。そうでないとドラフターの前で描いたり消したりを繰り返すことになってしまう。

今日のスケッチ。石敷のテラスと玄関ポーチを兼ねてウッドデッキも使いやすくしてみた。カフェなコーナーもあったらいいかも。まずは、初回案なので、全体の雰囲気を気に入ってくれることが目的だから細かいところまでは詰めないこと。細かいところまで考えすぎると自分のイメージが固まりすぎて、柔軟に対応できなくなる。さて、次回は図面化だ。