広々とした敷地には、ランドマークが欲しい!

この庭は広い!とても広い。

このように広い敷地があると、あれもこれも詰め込みがちですがグッとこらえて。要素をしぼって本当に欲しいものだけにすべきだ。ここでは、小屋を建てた。3mx3mの小さな小屋だが存在感は半端なくこの庭のランドマークとして機能している。この小屋、元々は農機具や物置をメインの用途として考えていた。しかしつくっていくうちにそれではもったいないと考えて、小屋の床には石を貼り小さな部屋として使えるようにすることにした。今では、来客があった時の打ち合わせに使ったり、庭を眺めたり、バーベキューをした時の日よけの場所になったりと大活躍だ。この小屋を建ててから、庭の活用方法がグッと広がったように思う。

そして、レンガ。レンガ、レンガ、レンガ。

たくさんの面積をレンガ敷きで仕上げた。一つの素材に絞ることで、全体の雰囲気が締まったように思う。やっぱり素材はごちゃごちゃせずに、1から3種類くらいまで絞ること。これが大事なことだ。レンガのラインも入り口から建物に向かってパースペクティブがついているので、奥行き感を感じる。実際にも十分広いがさらに余裕を感じさせるデザインができた。

広い敷地では、素材を絞れ!