お水はどのくらいあげればいいの?

木や草花は人が水をあげなくても、地中から自分で水を吸い上げる力をもっています。

植物は水を求めて根っこを伸ばします。

庭の植物にもたくましく育って欲しいと願っています。

でも植えられる木は、根を切られて十分に水が吸えない状態です。

そんな植木には、植えたときにたっぷりと水をあげて、その後は葉っぱの様子を見ながら葉が萎れてきたら水をあげています。

そうすると植物は、地中深くへ根を伸ばし始めます。

毎日毎日、一年中水をあげ続けると根が浅いところにしか張らなくなり、乾燥に耐えられない弱い木になってしまします。

土壌も水が多すぎると空気が十分に取り入れられなくなるので、根っこが窒息してしまいます。

もともと自然は自分でなんとかしています。

庭も自然の力を信じて、お水も極力あげないようにしていきましょう。