アルヴァ・アアルトの真鍮サイン

フィンランドで建築を巡っているときに気づいたのですが、やたらと真鍮のものが多い。ヘルシンキ駅のドアの取っ手も真鍮だったし、アアルトの自邸も真鍮、テンペルアウキオ教会も取っ手などは真鍮だったように思う。
このサインも多分、真鍮。
かなり味が出ていていい感じになっていますね。僕もサインをつくるときはほぼ90%くらいは真鍮を使うので、とても親近感を覚える。
徐々に、というかあっという間にこげ茶色に変色する真鍮は蛇口やサインにピッタリ!

サインは、味が出るものでつくる!