浮いたようなウッドデッキ

ウッドデッキを軽く見せる!

ウッドデッキって、かっこいいですが足がとても気になるのは僕だけでしょうか。特に法面に面して作る場合、1mを超える高低差のときは足を見せたほうが山小屋の雰囲気が出ていいのですが、50cm程度の高低差のときは足が目立ってカッコ悪い。
そこで、この現場では、足を極力奥に引っ込めて目立たないようにデザインしてみた。このケースでは60cmほど奥に引っ込んでいる。
そのため、横のラインがより強調されてデッキが浮いているように錯覚する。すっきりとしたラインがでることでモダンな雰囲気にもなるのでオススメ。

デッキは軽く見せる!