斜めウッドデッキはいかが?

ウッドデッキは、建物に平行に計画されることが多い。
でも、それではウッドデッキの可能性を十分に生かしていない。建物の外壁に対して斜めに角度をつけることで部屋の中から見たときにも斜めのラインが広がりを感じさせてくれるし、外から見た場合も変化をつけてくれるので、広がりを感じることが多い。
ただ、どのような角度がいいのかなどは現場の状況によって違うので、慎重に計画することが必要だ。デッキだけ斜めで他のアプローチなどはまっすくでは、バランスも悪くなってしまう。全体の計画の中で、斜めにしたほうが良いと判断した場合のみウッドデッキを斜めに計画することが重要だ。この現場では、デッキを浮かせたように見せたかったので、一番手前のデッキの脚を奥の方に設置して脚が見えにくくしているのだ。

小さな工夫が大きな効果!