アアルトの光

アルヴァ・アアルト。フィンランドの建築家です。
その建築家の建物には素敵な照明たちが取り付けられていました。
その照明は、その部屋にあったものをオリジナルでわざわざデザインされているので、この部屋にしかない照明なのです。
やはり、本当にその場所に合うものをつくろうと思ったら既製品ではだめなのでしょう。僕もオリジナルのサイン、門扉、手すりなどをつくります。やっぱりオリジナルのものは作っていても楽しいですし、完成後もしっくりきます。
部屋の天井に天蓋が吊るしてある部屋は、とても光が柔らかく落ち着きました。庭でもこんな雰囲気が出せるといいですね。