アトリエ心庭

池の背景にガビオンをつくる

お問い合わせはこちら

池の背景にガビオンをつくる

池の背景にガビオンをつくる

2022/04/19

ガビオンという壁

最近よく見かけるようになった石の壁。ガビオンと呼んでいます。昔から山の土留として蛇籠と呼んでいたものを庭に取り入れたものです。軽石を使って壁面に固定するガビオンを紹介します。

この庭は、幅1m程度の狭いスペースですが、池あり石の壁ありの見どころのある場所になっています。水が循環していますので、水の音も聞こえて癒しの空間になっているようです。

壁にガビオンを固定する壁付ガビオン

通常は、地面から立ち上げて石の壁を作るのですが、今回は狭いスペースの中池の配管などを隠すスペースを確保する必要がありました。そこで、壁にガビオンを固定してその下に配管スペースを設けました。これによりガビオンが池の中にあるような仕上げにすることができました。

まずガビオンを固定して、その中に石を入れていきます。どんな石でも良いのですが、今回は重量をなるべく軽くしたかったので、軽石を使いました。これで、壁付でも十分耐えられます。

入れる石の種類によって全く異なった雰囲気に仕上げることができるガビオンは、とても魅力的な施工方法です。

----------------------------------------------------------------------
アトリエ心庭
〒458-0032
愛知県名古屋市緑区大形山505


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。