アトリエ心庭

建築設計1 | 平家住宅を設計する

お問い合わせはこちら

建築設計1 | 平家住宅を設計する

建築設計1 | 平家住宅を設計する

2022/06/21

住宅を設計するという課題

住宅を設計するというのは、やはり庭の設計と似ています。住む人の気持ちを考えながらいろいろと考えるのは楽しいことです。課題というのは実在の家族がいるわけではないのではじめは少し戸惑いましたが、想像上の家族を頭の中につくって浮かべながらプランを考えました。

庭のゾーニングと並行して建物も配置しました。中庭を中心とした生活ができる平家のプランです。

模型と手描き図面でプレゼン

この課題の特徴は、CADを使わずに手描きの図面と模型を使ってプレゼンをすることです。身体感覚をまず身につけた方が良いと先生はおっしゃっていました。私も実際に図面と睨めっこしながら模型をつくる過程で3次元で理解することが少しはできたと思います。

これを機に、外構でも時々模型をつくることにしました。プレゼンだけではなく、プランニングの際に模型をつくりながら考えた方が良い場合もあります。3DCADが進化しても模型の役割は残るのではないでしょうか。

 

----------------------------------------------------------------------
アトリエ心庭
〒458-0032
愛知県名古屋市緑区大形山505


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。