アトリエ心庭

パリの芝生は柔らかい 2014フランス旅#006

お問い合わせはこちら

パリの芝生は柔らかい 2014フランス旅#006

パリの芝生は柔らかい 2014フランス旅#006

2022/04/24

パリの芝生はとても柔らかくて、気持ち良い!

パリではたくさんの人が、芝生で寝転んでいます。日本でも芝生はもちろんありますし、寝転んだりしたこともあります。ただ、背中がチクチクしたり芝生の枯葉がついたりと、気持ちいいかと言えば気持ちいいですが、そんなにふかふかなイメージはありませんでした。

そこで、パリの芝生はどんな感覚だろうと、寝転んでみました。これが、びっくり!とても柔らかくてふかふかしているのです。なるほど、これはたくさんの人が気持ちよさそうに寝ているのも頷けます。

 

西洋芝と日本芝

日本の芝とパリの芝は種類が違います。日本の芝は、日本芝というもので、野芝、高麗芝などがあります。一般によく見る冬に枯れるタイプの芝生です。パリでは、西洋芝といわれる年中緑色の常緑の芝生です。ゴルフ場のグリーンなどでも使われています。

日本芝は葉の先が尖っていて、すこしチクチクします。反対に西洋芝は葉の先が少し丸くなっていました。これが感触の違いになっているのでしょう。では、日本で西洋芝が使われる頻度が少ないのは何故でしょうか?西洋芝は、日本の高温多湿の夏が乗り切れないことが多いからだと思います。私も何度か西洋芝に挑戦してみたことがありますが、2、3年で絶えてしまいました。

やはり、その場所の気候にあった植物でないと生きてはいけませんし、灌水装置などかなり無理をしなければ維持できないものです。西洋には西洋の良さがあり、日本には日本の良さがあります。植物にも人にも無理をさせない植栽計画が一番だと思います。

 

----------------------------------------------------------------------
アトリエ心庭
〒458-0032
愛知県名古屋市緑区大形山505


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。